就職できない20代ニートの共通点とは

ニートの就職は難しい。

しかしそんなことは全くありません。

なぜなら就職できない20代ニートには共通点があるからです。

そこで今回はその共通点とやらをお伝えしましょう。

就職できないニートの共通点

就職したくない

そもそも就職したくないという人もニートの中にはいます。

そのようなニートが就職するのは不可能です。

ニートじゃない方は働きたいという意思がなくとも働けますが、ニートはそういきません。

今の生活を維持すること自体は不可能ではないのですから。

結局、働かざるを得ない人が働くようになっています。

人と接するのが怖い

人と接するのが怖い人に就職は難しいです。

少なからずとも、たいていの仕事は人を介して行いますから。

ちなみに就職希望があって人と接するのが怖い方はなるべく人と接する機会が少ない職につくことをお勧めします。

一番お勧めなのはプログラマーです。

スキルは要しますが、ニートからプログラマーになる人は少なくありません。

それに今までニートをやっていたからといって偏見を持たれることもないでしょう。

比較的自由な社風なIT企業はニートにぴったりです。

規則正しい生活ができない

ニートの代名詞は不規則です。

不規則な生活が尾をひいて就職に困難をきたす人はたくさんいます。

正直いって規則正しい生活に戻せないニートの社会復帰はかなり難しいでしょう。

ですから就職活動と並行して規則正しい生活を送ることをお勧めします。

就職できないと思い込んでいる

これが一番勿体無いです。

自分が就職できっこないと思い込んでしまっているニートはかなりいます。

確かに自ら好んでニートをやっている人は少ないでしょうから、後ろめたさや自信がなくなってしまう気持ちもわかります。

しかし、そんな自分でさえも必要としてくれる会社があるのは事実です。

なぜ必要としているのか。

それは若い人材を求めているからです。

若いだけでもニートにだって価値はあります。

欲しくとも若さというものは、自分で持つことができません。

ですから若いことに自信を持って就職活動に挑みましょう。

若さは20代にしか持ち得ない特権です。

就職活動をしない

就職したいと公言しながらも一向に就職活動をしないニートもいます。

このようなタイプはとにかく活動を始めることが大切です。

最初の一歩が踏み出せないだけですから。

一歩踏み出せばトントン拍子でことが運ぶに違いありません。

以上、就職できない20代ニートの就職方法です。

30代ニートはもっと就職が難しいですから、今のいちに結果を出しましょう。

d