20代ニートの就職する方法

20代ニートの就職は難しいです。

しかし、やり方によってはそうとも限りません。

そこで今回はその方法についてお伝えします。

20代ニートの就職する方法

ステップ1

どのくらいのニートにかもよりますが、まずは外に出ましょう。

引きこもりのまま就職することは不可能ですから。

おすすめなのが、ランニングです。

ニートの大半が運動不足ですから、ランニングを通じて外の世界と接触しましょう。

私のニート時代もランニングをよくしたものです。

そのおかげで、身体も心も調子良かったことを今でも覚えています。

またできるだけ見知らぬ人と会話できた方が就職活動においても便利なので、ランニングの後はコンビニによることをおすすめします。

ステップ2

外の世界になれたら、さっそく就職活動をしてしまいましょう。

段階が大事だと言いますが、ニートはその限りではありません。

なぜならニートが段階を踏むと、日が暮れてしまうからです。

そして結局就職しなくなってしまいます。

私の知り合いのニートでも数多くの人が慎重になりすぎて挫折していきました。

人は環境によってよくも悪くも変わります。

ですから、ニートはいきなり就職する環境に飛び込むようにしましょう。

細かいことは後で調整していけばいいのですから。

弱虫だった孫悟飯も、厳しい環境にいきなり放り込まれて強くなりました。

ステップ3

ニートの就職活動は紹介型ではなく、研修型の利用をおすすめします。

研修を通じれば、ニートとしても立派な戦略になりますから。

実際、ニートから研修を通じて一人前のビジネスマンに成長した人は数多くいます。

研修では社会人として必要な能力を培うことができるでしょう。

もちろん、社会人という言葉に嫌悪感を抱く必要がありません。

ニートもアルバイトも社会人も同じ人間ですから、根底にあるものは一緒です。

訳あってニートになってしまったとは思いますが、実際のところ紙一重で違いはきっかけがあるかないかとなります。

研修はまさしく、社会復帰のためのいいきっかけになるでしょう。 

ニートが20代のうちに就職するメリット

ニートは20代のうちに就職してしまいましょう。

それは需要的な問題でもありますし、精神的な問題でもあります。

普通に考えて、長い期間ニートでいればいるほど、ニートは辞めづらくなるでしょう。

さらに30代になって、今までニートをやっていただなんていうと、たいていの世間の目は冷ややかになります。

そんなわけでニートは早いうちに就職しましょう。

30代になってからでは手遅れです。