20代ニートの脱出方法はいくらでもある

ニートの脱出は難しいです。

しかし20代ニートにおいてはその限りではありません。

今回はその理由についてお伝えします。

20代ニートの価値は若さ

ニートであろうが、20代最大の武器は若さです。

若さがあればなんだってできます。

ところが20代は30代になった途端、社会的にも価値は下がる一方です。

29歳と30歳という1つの違いでも、その差は如実に現れます。

会社の募集要項を見ても、未経験を歓迎しているのは大抵が20代までです。

つまり30代になると、就職はしづらくなります。

それは若さという価値があるからです。

代わりに30代に求められるのはスキルとなります。

ニートでも20代であるうちはまだまだハッピーです。

本当の地獄は30歳からなのですから。

20代ニートは選択肢が多い

20代ニートは非常に選択肢が多いです。

若いっていいですね。

例えば20代であればまずはアルバイトで肩慣らしすることもできます。

もう少し社会と接点を持ちたい方は、派遣の仕事をするといいでしょう。

もちろんいきなり正社員になることだって可能です。

このように20代というだけで、選択肢はたくさんあります。

それが、30代だとどうでしょう。

30代ニートの選択肢

30代ニートは残念ながら直接、正社員になることはほぼ不可能です。

かと言ってアルバイトもほとんどが若いグループでしょうから、非常に30代ニートは居づらいです。

すると残されたのは、派遣のみ。

やはり選択肢は非常に少ないです。

同じニートなのに20代と30代だけでも天と地の差ですから、本当に20代が羨ましいです。

20代ニートにおすすめの脱出方法

20代ニートはいくら選択肢が多いとはいえ、やはりいきなり就職することがおすすめです。

その理由は単純で20代はあっという間に終わってしまうからです。

まずはアルバイトから始めても、いつのまにか30でしょうし、派遣から始めても同じこと。

しかもそれら2つは正社員になれる保証はありません。

また、「まずは」と言いながらもいざ正社員になるときは非常にストレスを感じるでしょう。

アルバイトの時と就職のときと合計2つのストレスに耐えなければなりません。

ところがいきなり正社員の場合はストレスは一回だけで済みます。

確かに予防接種は2回目の方が慣れているものでしょう。

しかしどうせ1回で終わるなら、1回で終わらせた方がいいに決まって居ます。

あなたは2回注射を打ちますか?

それとも1回で終わらせますか。

この考え方はニートの脱出方法と非常に似て居ます。

30代になる前にニートは脱出してしまいましょう。