20代ニートにおすすめの就職サイト

20代のニートが就職する際に思いつくのが、ハローワークでしょう。

しかし、正直なところハローワークはニートの就職に向きません。

そこで今回はハローワーク以外の代替手段についてお伝えします。

20代ニートだからこそ就職サイトを利用しましょう。

ハローワークがおすすめできない理由

もちろんハローワークも非常に便利なサービスです。

それでもニートの就職におすすめできない理由があります。

それはハローワークのお仕事は支援ではなく職業紹介だからです。

厳密には支援も一応していますが、紹介先企業に違いはないのでどちらにしてもおすすめできません。

なぜ紹介先企業が重要なのかというと、ハローワークの求人はブラック企業も生息していると言われているからです。

そのほかには実際募集していないにもかかわらず、求人を載せる「カラ求人」もあります。

そんなわけでやはりニートにはおすすめできません。

ハローワークは基本的に無料で求人を掲載することができるので、それが問題の原因になっているでしょう。

ニートに就職サイトがおすすめの理由

となるとやはりおすすめなのが就職サイトの利用です。

就職サイトは基本的に多額の掲載費を支払わないと求人を載せられません。

そういう意味でも比較的、財務上安定した企業とマッチングすることができるでしょう。

また就職エージェント系のサイトとなると、実際に目で確かめた企業しか紹介しません。

ですから結局ハローワークよりも安心して利用できます。

さらにいうと、ニート向けの就職サイトは職業紹介はもちろんのこと就職支援も行なっています。

ハローワークよりもおすすめなのはまさにこの点で、支援が必要なニートだからこそ就職サイトは利用した方がいいでしょう。

ジェイックがおすすめ

ニートでも使える就職サイトで中でもおすすめなのがジェイック営業カレッジです。

ジェイック営業カレッジは研修型の就職支援サービスで社会人として必要な能力を培う場となっています。

まさにニートにうってつけのサービスと言えるでしょう。

そのほかにも就職サイトはあるものの、研修型といったらジェイックです。

支援なしでニートから就職することは限りなく難しいので、ぜひ利用してみることをおすすめします。

またなぜ20代におすすめなのかというと、答えは単純です。

サービス対象が20代だから。

すなわち30代は利用することでさえも許されません。

ちなみにジェイックに限らずほとんどのサイトが20代を対象としています。

つまり就職は20代までに終わらせようということです。

頑張りましょう。

20代ニートの脱出方法はいくらでもある

ニートの脱出は難しいです。

しかし20代ニートにおいてはその限りではありません。

今回はその理由についてお伝えします。

20代ニートの価値は若さ

ニートであろうが、20代最大の武器は若さです。

若さがあればなんだってできます。

ところが20代は30代になった途端、社会的にも価値は下がる一方です。

29歳と30歳という1つの違いでも、その差は如実に現れます。

会社の募集要項を見ても、未経験を歓迎しているのは大抵が20代までです。

つまり30代になると、就職はしづらくなります。

それは若さという価値があるからです。

代わりに30代に求められるのはスキルとなります。

ニートでも20代であるうちはまだまだハッピーです。

本当の地獄は30歳からなのですから。

20代ニートは選択肢が多い

20代ニートは非常に選択肢が多いです。

若いっていいですね。

例えば20代であればまずはアルバイトで肩慣らしすることもできます。

もう少し社会と接点を持ちたい方は、派遣の仕事をするといいでしょう。

もちろんいきなり正社員になることだって可能です。

このように20代というだけで、選択肢はたくさんあります。

それが、30代だとどうでしょう。

30代ニートの選択肢

30代ニートは残念ながら直接、正社員になることはほぼ不可能です。

かと言ってアルバイトもほとんどが若いグループでしょうから、非常に30代ニートは居づらいです。

すると残されたのは、派遣のみ。

やはり選択肢は非常に少ないです。

同じニートなのに20代と30代だけでも天と地の差ですから、本当に20代が羨ましいです。

20代ニートにおすすめの脱出方法

20代ニートはいくら選択肢が多いとはいえ、やはりいきなり就職することがおすすめです。

その理由は単純で20代はあっという間に終わってしまうからです。

まずはアルバイトから始めても、いつのまにか30でしょうし、派遣から始めても同じこと。

しかもそれら2つは正社員になれる保証はありません。

また、「まずは」と言いながらもいざ正社員になるときは非常にストレスを感じるでしょう。

アルバイトの時と就職のときと合計2つのストレスに耐えなければなりません。

ところがいきなり正社員の場合はストレスは一回だけで済みます。

確かに予防接種は2回目の方が慣れているものでしょう。

しかしどうせ1回で終わるなら、1回で終わらせた方がいいに決まって居ます。

あなたは2回注射を打ちますか?

それとも1回で終わらせますか。

この考え方はニートの脱出方法と非常に似て居ます。

30代になる前にニートは脱出してしまいましょう。

20代ニートの就職におすすめの資格

20代ニートは資格がなければ就職できない。

そう考えている人は非常に多いでしょう。

しかし、そんなことは決してありません。

それは資格の本質がわかれば理解できるでしょう。

資格の本質

資格があるから就職できるのではありません。

資格があるからその業務を遂行できるのです。

例えば、美容師免許。

立派な国家資格ですが、これがあれば美容を生業とすることができます。

ただそれだけの話。

そういう意味でも、どうしても必要な場合にだけ取らなければいけないのが資格です。

とっても取らなくても必要な場合には必要ないでしょう。

それが資格の本質です。

やりたいことがあるなら

もし仮にあなたにやりたいことがあって、その業務に必ず資格が必要なら、取得しなければなりません。

しかし、そうでないのなら取得する必要は一切ないでしょう。

資格のために資格を取ったってなんの意味もありませんし、面接官もそれを見抜きます。

資格マニアが採用されにくいのはそのためで、熱意が伝わりにくいのです。

就職のために美容師免許を取った人と、美容師にどうしてもなりたくて美容師免許を取った人がいた場合、あなたはどちらを採用しますか。

いうまでもなく後者でしょう。

そんなわけで、資格はやりたいことがあって初めて効力を発揮するのです。

資格はいらない

資格があれば就職できると思い込んでいる人のために言っておくと、資格は正直いりません。

もちろんあってもなくても問題ない場合が前提です。

就職において資格よりも大切なものがあります。

それは、スキルです。

就職はスキルが全てと言っても過言ではないでしょう。

もし仮に「資格はあるけど、スキルは最低水準」という人と「資格はないけどスキルはめちゃくちゃあります」という人がいた場合、より採用されやすいのは明らかに後者です。

結局資格よりもスキルがものを言います。

資格があったところで、売り上げに貢献できるとは限りませんから。

20代ニートにおすすめのスキル

そういう意味でも20代ニートにおすすめのスキルはITスキルです。

実際、ニートからプログラマーになる人は数多く存在します。

なぜニートにプログラムの仕事がおすすめなのかというと、コミュニケーションスキルを多用しなくても済むからです。

もちろん仕事なので、コミュニケーションを一切取らないことは不可能でしょう。

それでも営業の仕事に比べると、あまり人と接することはありません。

だからニートにおすすめなのです。

コミュニーケーションが不得意でニートになる人はたくさんいます。

ニートはコミュニケーションが苦手、だからITエンジニアという短絡的な思考ではありませんが、向いている人が多いのも事実です。

というわけで20代ニートは資格ではなくスキル習得に励みましょう。

資格が最後に取得するものです。

就職できない20代ニートの共通点とは

ニートの就職は難しい。

しかしそんなことは全くありません。

なぜなら就職できない20代ニートには共通点があるからです。

そこで今回はその共通点とやらをお伝えしましょう。

就職できないニートの共通点

就職したくない

そもそも就職したくないという人もニートの中にはいます。

そのようなニートが就職するのは不可能です。

ニートじゃない方は働きたいという意思がなくとも働けますが、ニートはそういきません。

今の生活を維持すること自体は不可能ではないのですから。

結局、働かざるを得ない人が働くようになっています。

人と接するのが怖い

人と接するのが怖い人に就職は難しいです。

少なからずとも、たいていの仕事は人を介して行いますから。

ちなみに就職希望があって人と接するのが怖い方はなるべく人と接する機会が少ない職につくことをお勧めします。

一番お勧めなのはプログラマーです。

スキルは要しますが、ニートからプログラマーになる人は少なくありません。

それに今までニートをやっていたからといって偏見を持たれることもないでしょう。

比較的自由な社風なIT企業はニートにぴったりです。

規則正しい生活ができない

ニートの代名詞は不規則です。

不規則な生活が尾をひいて就職に困難をきたす人はたくさんいます。

正直いって規則正しい生活に戻せないニートの社会復帰はかなり難しいでしょう。

ですから就職活動と並行して規則正しい生活を送ることをお勧めします。

就職できないと思い込んでいる

これが一番勿体無いです。

自分が就職できっこないと思い込んでしまっているニートはかなりいます。

確かに自ら好んでニートをやっている人は少ないでしょうから、後ろめたさや自信がなくなってしまう気持ちもわかります。

しかし、そんな自分でさえも必要としてくれる会社があるのは事実です。

なぜ必要としているのか。

それは若い人材を求めているからです。

若いだけでもニートにだって価値はあります。

欲しくとも若さというものは、自分で持つことができません。

ですから若いことに自信を持って就職活動に挑みましょう。

若さは20代にしか持ち得ない特権です。

就職活動をしない

就職したいと公言しながらも一向に就職活動をしないニートもいます。

このようなタイプはとにかく活動を始めることが大切です。

最初の一歩が踏み出せないだけですから。

一歩踏み出せばトントン拍子でことが運ぶに違いありません。

以上、就職できない20代ニートの就職方法です。

30代ニートはもっと就職が難しいですから、今のいちに結果を出しましょう。

d

20代ニートの就職する方法

20代ニートの就職は難しいです。

しかし、やり方によってはそうとも限りません。

そこで今回はその方法についてお伝えします。

20代ニートの就職する方法

ステップ1

どのくらいのニートにかもよりますが、まずは外に出ましょう。

引きこもりのまま就職することは不可能ですから。

おすすめなのが、ランニングです。

ニートの大半が運動不足ですから、ランニングを通じて外の世界と接触しましょう。

私のニート時代もランニングをよくしたものです。

そのおかげで、身体も心も調子良かったことを今でも覚えています。

またできるだけ見知らぬ人と会話できた方が就職活動においても便利なので、ランニングの後はコンビニによることをおすすめします。

ステップ2

外の世界になれたら、さっそく就職活動をしてしまいましょう。

段階が大事だと言いますが、ニートはその限りではありません。

なぜならニートが段階を踏むと、日が暮れてしまうからです。

そして結局就職しなくなってしまいます。

私の知り合いのニートでも数多くの人が慎重になりすぎて挫折していきました。

人は環境によってよくも悪くも変わります。

ですから、ニートはいきなり就職する環境に飛び込むようにしましょう。

細かいことは後で調整していけばいいのですから。

弱虫だった孫悟飯も、厳しい環境にいきなり放り込まれて強くなりました。

ステップ3

ニートの就職活動は紹介型ではなく、研修型の利用をおすすめします。

研修を通じれば、ニートとしても立派な戦略になりますから。

実際、ニートから研修を通じて一人前のビジネスマンに成長した人は数多くいます。

研修では社会人として必要な能力を培うことができるでしょう。

もちろん、社会人という言葉に嫌悪感を抱く必要がありません。

ニートもアルバイトも社会人も同じ人間ですから、根底にあるものは一緒です。

訳あってニートになってしまったとは思いますが、実際のところ紙一重で違いはきっかけがあるかないかとなります。

研修はまさしく、社会復帰のためのいいきっかけになるでしょう。 

ニートが20代のうちに就職するメリット

ニートは20代のうちに就職してしまいましょう。

それは需要的な問題でもありますし、精神的な問題でもあります。

普通に考えて、長い期間ニートでいればいるほど、ニートは辞めづらくなるでしょう。

さらに30代になって、今までニートをやっていただなんていうと、たいていの世間の目は冷ややかになります。

そんなわけでニートは早いうちに就職しましょう。

30代になってからでは手遅れです。